【スポンサードリンク】

村井です。

CECでも手法は幾つか紹介していますが
ここでFXのトレードの種類について少し触れたいと思います。

キャリートレード

長期トレードの事をキャリートレードと言います。

1ヶ月~1年程度の間でエントリーと決済を行う取引をキャリートレードと言います。

主に、スワップ金利を目的としたエントリーと決済を行うトレード方法です。

 

スイングトレード

中長期トレードで、1日~1ヶ月程度の間でエントリーと決済を行うトレードをスイングトレードと言います。

デイトレード

1日の間にエントリーと決済を行います。
翌日にポジションを持ち越さないトレードです。

主に1日足を見て分析をしてトレードする事が多いです。

 

スキャルピングトレード

スキャルピングトレードは、超短期トレードです。

1トレードの時間は1分から1時間程度で1日に何度もトレードして利益を積み上げていく方法です。

1分足や5分足を見ながらトレードをしますが素早い決断と行動が求められます。

 

主にこの4つのトレードですが、どのぐらいの期間ポジションを持って
トレードするかで変わるだけです。

 

時間が細かくなれば 細かな足のチャートを見てトレードする事になります。

早ければ1時間に30回もの取引をする事は、普通にあります。

 

どのトレードが初心者向きなのか?

 

個人的には、初心者の場合、
スキャルピング、キャリートレード、スイングトレード、
デイトレードがありますが 何がお薦めなのか?
という問題は、ありませんので、自分の生活リズムを
背景にしてトレードスタイルを考えると良いと思います。

 

もちろん方式は、その都度自由に変えても大丈夫です。

 

無難に初心者なら、スキャルピングかデイトレードを私は推薦しています。

 

ただ、1日に12時間会社に拘束されているような人と
殆ど毎日が自由な人の場合では、トレード形式も
見直す必要が出てくるという事は、覚えておきましょう。

 

以上、「主なトレード方法は、5種類ある」という事を 覚えておきましょう。